沖縄旅行で気持ちをリセット

沖縄料理といえば必ず思い浮かぶ料理にチャンプルーがあります。豆腐や野菜などを炒めたものの総称で、フライパンで豆腐に焼き色を付けて野菜とともに炒めて、シンプルに塩で味付けして終わりの沖縄の一般的な家庭料理です。その具材は実に様々で家庭で異なり、炒めれば何でもちゃんぷるーになるのが沖縄流なのです。そこから転じて、なんでもあるものを混ぜ合わせることやなんくるないさ~という沖縄の人柄を食文化以外でもチャンプルー文化と言ったりもします。

沖縄の文化をも感じさせる一皿のチャンプルーですが、それは現地で様々な味を堪能してから初めて分かるものです。さらにこのちゃんぷるー文化はアメリカ食材も、すんなり取り込みます。沖縄の食文化にアメリカの食文化が第二次世界大戦後の占領時代に米軍によって持ち込まれた缶入りのポークランチョンミートをはじめとして、多くの形で影響しています。

これは沖縄の大衆食堂では安価かつ主要な定食として人気のポーク卵にも使われています。このような形で、沖縄にはその独特の歴史的背景から米国食文化に強く影響された食品や料理が多く存在するのですが、さらにポークやタコライスのように沖縄流にアレンジし、全く新しい郷土料理として定着しているものもあります。それが沖縄の食文化をさらに魅力的にしているのです。

このおおらかな食文化は自然と訪れる人に胃袋を通して安らぎを与えてくれます。この事から沖縄ツアーでの食事を通して気持ちをリセットし、ストレスに溢れた日常を忘れて、新たな明日へ気持ちをリセットすることができるのです。