沖縄旅行で堪能できるグルメ

沖縄には他の県にはみられない珍しい食材や料理が多く存在し、それらは沖縄旅行の大きな魅力の一つです。その中でも沖縄の代表的な夏野菜、ゴーヤを使ったゴーヤーチャンプルーは。ビタミンCが豊富で、なんとレモンの約3倍というので驚きです。

独特の爽やかな苦味が食欲増進を促し、夏バテ防止に効果ありと言われています。次に有名なのが沖縄ソーキそばです。名前に沖縄が入っていることもあり、沖縄の人々に最も愛されているそばと言えるでしょう。

豚骨だしのスープには小麦粉で作った麺が基本です。そば粉を一切使わないのが沖縄流です。ソーキとは豚のあばら肉のことで、具材には他にかまぼこ・紅生姜が入っています。お店や土地によって味が変わるのも魅力です。レンタカーを借りて全部味見して回るのも楽しいです!

次におすすめしたいのは果物です。シークワーサーは沖縄の山野に自生するすだちに近い味を持つ柑橘類です。普通ジュースにして飲むことが多く、ビタミンCなどの健康に良い成分が多く含まれます。沖縄のお酒といえば泡盛です。原料はタイ米と黒麹で、アルコール度数がなんと40度超のものも。

甘味として愛されるのがサーターアンダギーです。直訳すると砂糖の油揚げというように、ドーナツの沖縄版であり、伝統郷土菓子です。小麦粉と砂糖にさらに卵で溶いて混ぜたものの形を整え、油で揚げただけのお菓子ですが、絶大な人気が誇ります。お土産にもおすすめです。

このように沖縄には多くの魅力的な食事がたくさんあります。そして全てに言えることは、どれも高級感を売りにしているのではなく、家庭的な優しさを提供してくれていることです。沖縄に来た際にはそのような温かみのある食事で気持ちをリセットしてみましょう。