沖縄旅行を計画したらまず地理と気候を知りましょう

どこに旅行に行くにしろ、その土地柄を理解することで旅行自体を楽しめるだけでなく、安全に満喫出来ます。沖縄旅行を計画する際には、時期によっては本州より暖かく、過ごしやすい場合もありますが、夏場に想像以上の暑さに見舞われたり、台風に出くわしてしまうことが考えられます。また、米軍基地がることから道路事情に違いがあったり、観光地付近では渋滞が起こりやすいなどのことが考えられます。沖縄県県庁がある那覇市の年平均気温は22.7度。

冬でも10度を下まわることは稀で一年を通して温暖な気候に恵まれています。美しい海にはサンゴ礁がちりばめられ、色とりどりの熱帯魚がその中に生息しています。また、丘には亜熱帯の植物が独特の植物相を形成しています。このように島全域が亜熱帯気候に含まれるのは沖縄県だけです。

沖縄の気候の特徴は夏が長く、最高気温と最低気温の差が少ないことです。真っ青な空のイメージが強いのですが、実際にはとても雨の多い県であるのも特徴の一つです。湿度は高いのですが、海洋性気候のため風もあり、夏でも涼しく過ごすことができます。このような気候は沖縄付近を流れる黒潮の影響を受けているためといわれている。

また、大きな特徴として平均年7個の台風が沖縄地方に接近又は上陸します。ダイビングの際にはこの数字は大きく影響してきます。また、朝夕は、那覇市内で交通規制で車線が減少したり、変化がありますので、渋滞を避けるため、9時かまでと17時以降は出歩かないほうが良いとされています。ドライブを楽しむために注意しましょう。このような事前情報をしっかりチェックし、楽しい沖縄ツアーを計画しましょう。